Sadowskyの配線方法

かなり、趣味の世界ですが、自分でもこんなことより、ギターの練習した方が良いとは思うのですが、いや、ちゃんと毎日練習はやっていますが(笑)つい、手が出てしまいます。ともあれ、楽しいっちゃ~楽しいですけどね。(^^)v ですので、お付き合いは程々にご興味のない方々は、どうぞスルーしていって下さいませ~(^^)v

これはサドウスキーの配線図です。いたってノーマルです。何でサドウスキー配線って名前付けるのか分かりませんが(笑)サドウスキーさんが「自分はこれでやっている」という事を云いたかったんでしょうね~まっ!昔からある配線方法ではありますが、実は、配線の仕方はいろいろ結構あって、その中で「私はこれだ」~という事では大変参考になりますです。ありがたいですm(__)m 迷った時なんかはね。何たって、巨匠!ジムホールのギターを制作している方ですからね~

さて、ポッドからボリュームポッドにいく配線が、ビンテージの場合、出口側に付けることもありますが、音質がガラッと変わってしまう恐れがあります。フルアコの場合はノーマルで良いと思います。また、シングルコイルの場合は、私はボリュームポッドは300Ωに、トーンは500Ωにしています。半田は、ペーストが必要なキースターの40年代のものを主に使いますが、5マルチコアも高域が霞んでくるので時折使っております。いずれにせよ、半田はホンの少量でしかも完全に半田付けになるように工夫しています。あと、出口最後のジャックはミリタリー(軍用)仕様のものが丈夫ですし、確実に音は太くなります。もっとも太けりゃ良いってもんじゃないですけれどね~ベースじゃないからね。今日はこの辺で、それでは~良い一日を~(^_^)/

 

sadow2

北垣 響絃北垣響絃-音楽事務所代表 7弦ジャズギタリスト

投稿者プロフィール

北垣 響絃 【Kitagaki Narito】

京都生まれの大阪は古市育ち。 18歳頃~より、オイルフットブラザーズのギタリストがプロとしてのスタート。バックギタリストとして(敬称略)中川イサト、大塚まさじ、金森孝介、泉谷しげる、なぎら健壱、世良公則などのレコーデイングや、主にフォーク系のミュージシャンのライブ等に参加。 北垣響絃-音楽事務所代表。 各楽器講師(70名以上)講師人材派遣業務を中心に、音楽教室も多店舗展開(楽器店と提携)し、数多くの生徒を育てている。
著書は、中央アート出版等から「ブルーインクラシックVol1からVol4、ギターでモーツアルトVol1~Vol3、 その他10冊程発売中。

Dear All, Let me introduce myself My name is Narito Kitagaki. I was born in Kyoto in Japan on July 7th, 1954. At present,  I live in Hino in Tokyo with the wife. I've been married for 40years. I'm a 7string-Gitarist, Educator.  Tied up with the music store and it sends a music instructor. 
Thank you for visiting.

KITAGAKI-NARITO,Inc.
3-20-12Hodokubo,Hino-Shi,Tokyo,Japan.191-0042
Tel : +81 080-5492-7127
Ofice:+81 080-5492-5585
E-mail : mkmusic@mkmusic.info

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Google 翻訳

過去の記事

  1. 2018-11-3

    Koaloha Opio :KTO-10 UG Tenor

  2. 2018-11-3

    立川のメインストリート

  3. 2018-10-24

    中央大学院生のテッチャン!

  4. 2018-10-20

    ズゲの友人

  5. 2018-10-9

    孫の晴空(はるく)の歌とギターです

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

505人の購読者に加わりましょう

ブログ統計情報

  • 41,887 アクセス

ビデオランキング

Calendar

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。