EastmanのネックをVネック形状に削る!

heart♡ 写真では分かりづらいですが、Eastmanのネックが太くて平らだったので、Vネックの形状に削りました。 削った個所はネックだけなので、そのままでは削り後に塗装しても、どうしても削った跡が残るので、一旦、ネックの裏側全ての塗装を剥がしてから(刀で削る)塗装していきました。イーストマンはセラックを使用しているので、10回以上重ね塗りをしていきます。

セラックの塗膜は薄く、又、乾燥がとても速くて塗りやすいです。ラッカー塗装より、私はこちらの方が好きですね~若干塗った直後は湿った感じの音ですが、一日たてば、だいたい元の音質に戻ります。今回のメンテナンスは、弾きやすさ(左手親指を使うので)を追及しての改造です。

それから、イーストマンのネックはメイプルですが、非常に柔らかいのが特徴です。ヴィンテージなフェンダーなどに使われるメイプルとは全然違っています。加工しやすさは嘘みたいに楽ちんです。また、板目と柾目があるようですが、ヘッドの5ピースは両端が板目でした。ですが、ネック自体の3ピースは柾目のように見えます。

巷ではイーストマンのネックは板目を使われている、つまり値段が安いのは、実は、材質は良いのは使われていないと評価する人が多いですが、確かに、板目や柾目でなくても、この材質の柔らかさは、尋常じゃないくらい柔らかいです。これは音に関係するだろうなぁ~という感じがしないでもありません。ただ、それも奏者の使い方にあるとも思いますので、これはこれで、独特の軽いですが、エアー感のある乾いた大きな音色です。

少ない編成やギターのみのバンドには良いと思います。デアンジェリコの場合は、これと全く違っていて、ネックは本当に硬いようですし、ガッチリ感があってネックでギターの音色を殆ど創り出しているという感じがします。生ではイーストマン!エレキを通すとデアンジェリコ!に分があるようです。

昔、サンフランシスコで買ってきたストラトは54年モデルで、イエローサンバースト色でしたが、このネックがまた太いのですが、Vネック形状でとても私には弾きやすかった記憶があります。ですので、その記憶をもとにそれを再現してみました。良い感じになったのでは?と思います。(^^)v


Before

Vneck   Vneck2


After

neck   neck2

関連記事

コメントは利用できません。

Google 翻訳

過去の記事

  1. 2018-4-26

    1月1日に親父が亡くなりました

    生前の父のエピソードとしては、毎年8月頃には父の大好きな魚釣りと旅行に行っておりました。ある川の…
  2. 2018-4-25

    サンルーム

  3. 2018-3-18

    エミール!

  4. 2018-3-16

    歌と詩が素晴らしいですね

  5. 2018-3-14

    観葉を外のアマテラスに出しました

    少し暖かくなってきましたので、観葉を外のアマテラスに出しました~ …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

505人の購読者に加わりましょう

ビデオランキング

Calendar

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ブログ統計情報

  • 37,971 アクセス
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。