モーツァルト の時代の音楽はA=432Hz

  • 2018/3/10
  • モーツァルト の時代の音楽はA=432Hz はコメントを受け付けていません。

音楽は心の言葉でもあり、極端にとらわれすぎるのは良くないですが、私はA=444が多少高いハイの音が透き通るような透明感ある音のように感じました。またA=432では、音質に深みが出るような、演奏で気持ちが込めやすくなったような気がする音色ではありました。誰かと合奏するとなるとA=440が主流なんで、結論から申し上げると、合奏ではA-444ピッチでやると弦が張力が増すので元気な音色にはなるかもですね。ソロギターにはA=432でやると感情が込めやすくなるというか、感覚的ですが良いような気がします。

さて、基本的に解説を加えていきますが、調弦方法はギターの場合、A=440Hzです。つまり通常はA(アー線)440Hzで ♪ラ の音とします。
神秘思想家でルドルフシュタイナーという方がいますが、大霊能者でもあり芸術にも造詣が深い方ですが、そのシュタイナーが作った学校では432Hzが基本になっています。
シュタイナー側の理由の一つとして、ミツバチの巣の前で440Hzを鳴らすとハチが攻撃的になり、432Hzでは穏やかになるとの事。また、432Hzを元にした音階は自然の調和音で黄金比率や天体の運行とも関係があると。
まず、このHz(ヘルツ)ドイツの物理学者、ハインリッヒ・ルドルフ・ヘルツの名に因んでいて、1秒間に鳴る音が何回振動(周波)したか、というのを表すための単位で、Hzと略します。つまり、ラの音 A=432Hz というのは、1秒間に432回 の音の波(振動)で成り立っているわけです。現在の「A(アー線)=440Hz(ヘルツ)」は1939年のロンドン会議で国際標準となったものだそうです。

また、イタリアの作曲家 ヴェルディーはC=256Hzとする、A=432Hzを 「科学的な標準ピッチ」 として、強く支持して、この432ヘルツは 、「ヴェルディーのA」 とも呼ばれています。
彼の作曲した曲のピッチを440ヘルツなどに変更すると、「作品の生地を壊し、更には、歌手の声にも大きなダメージを与える」という理由で、ヴェルディーはイタリア政府に、この432ヘルツの大切さを強く訴えかけて認められ、イタリアでは1884年に「A=432Hz」が法制化されているようです。

しかし、現在は、ピッチの高音が主流となり、でウィーン交響楽団とベルリン交響楽団は「A=444~448Hz」を採用。ヴェルディの「A=432Hz」と比べて、半音の2/3ほど高くバロックピッチの「A=415Hz」と比べると全音近く高い。
つまり、かつての「ド」を「レ」で演奏していることにもなってしまっております。また、愛の周波数としてA=444Hzというのも最近はよく取り出さされています。 あのストラデヴァリウスも432ヘルツに合わせて合わせて製作されていたとのことです。
Andantino de Mozart 432Hz – 440Hz


(以下転載です。自分が弾いて気持ち良い周波数として)

以下、平均律での快適なピッチ(純正律で求めていくなら、数値は変わります)

『α波ピッチ』
A=430.5hz(半音シフトA=456.14hz)

『シューマン波及びモーツァルトピッチ』
A=421.39~6hz(半音シフトA=446.4~6hz)

『φのピッチ』
A=414hz(半音シフトA=438.84hz)
『モーツァルトから求めたシューマン波近似値7.833901…×φの音階ピッチ』
A=429.52hz(半音シフトA=455.06hz)


(以下も転載です)

現在でこそ1939年ロンドン国際会議と1953年ISOによって制定された国際基準値A=440Hzがありますが、必ずしもそれが守られているわけではありません。アメリカは早くから440Hzを制定しましたが、ヨーロッパでは今もそれより高い444Hz、448Hzなどが主流です。また日本ではその間を取って442Hzがよく使われます。

たとえば古典楽器であるチェンバロは、今もバロック時代の基準値415Hzで調律されます。ルネサンス以前やヨーロッパ以外の音楽については詳しくは判明していませんが、世界的、歴史的には極めて多彩な基準音があったことが想像できます。
たとえば「モーツァルトを演奏するなら当時の音律ミーントーン」に拘って演奏する演奏家が数多くいますが、これにさらに「モーツァルト・ピッチに合わせて…」と付け加えるべきかもしれません。

 

 

時代 名称など 基準周波数
15~16世紀 ルネサンス時代 ベネチアン・ピッチ 466Hz
17~18世紀 バロック時代 バロック・ピッチ 415Hz
18世紀 バロック時代の後期 ベルサイユ・ピッチ、フレンチ・ピッチ 392Hz
18世紀 ヘンデルによる ヘンデルの音叉 422.5Hz
18世紀 モーツァルトによる モーツァルト・ピッチ 422Hz
18~19世紀 古典派時代 古典派ピッチ 430Hz
1859年 フランス政府による フランス政府によって制定されたピッチ 435Hz
19世紀 ヴェルディによる

1884年 イタリア政府による

ヴェルディ・ピッチ

イタリア政府によって制定されたピッチ

432Hz

432Hz

1925年 アメリカ政府・団体による アメリカ政府・団体によって制定されたピッチ 440Hz
1939年 国際会議による ロンドン国際会議によって制定されたピッチ 440Hz
1953年 ISOによる ISOによって制定された国際基準値 440Hz
20世紀 カラヤンによる カラヤン・チューニング 446Hz
現在 ウィーン交響楽団、

ベルリン交響楽団など

現在も使われている基準値以外のピッチ 444Hz448Hz

 

 

北垣 響絃北垣響絃-音楽事務所代表 7弦ジャズギタリスト

投稿者プロフィール

北垣 響絃 【Kitagaki Narito】

京都生まれの大阪は古市育ち。 18歳頃~より、オイルフットブラザーズのギタリストがプロとしてのスタート。バックギタリストとして(敬称略)中川イサト、大塚まさじ、金森孝介、泉谷しげる、なぎら健壱、世良公則などのレコーデイングや、主にフォーク系のミュージシャンのライブ等に参加。 北垣響絃-音楽事務所代表。 各楽器講師(70名以上)講師人材派遣業務を中心に、音楽教室も多店舗展開(楽器店と提携)し、数多くの生徒を育てている。
著書は、中央アート出版等から「ブルーインクラシックVol1からVol4、ギターでモーツアルトVol1~Vol3、 その他10冊程発売中。

Dear All, Let me introduce myself My name is Narito Kitagaki. I was born in Kyoto in Japan on July 7th, 1954. At present,  I live in Hino in Tokyo with the wife. I've been married for 40years. I'm a 7string-Gitarist, Educator.  Tied up with the music store and it sends a music instructor. 
Thank you for visiting.

KITAGAKI-NARITO,Inc.
3-20-12Hodokubo,Hino-Shi,Tokyo,Japan.191-0042
Tel : +81 080-5492-7127
Ofice:+81 080-5492-5585
E-mail : mkmusic@mkmusic.info

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Google 翻訳

過去の記事

  1. 2018-9-10

    天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの知られざる物語「永遠のジャンゴ」予告編公開

  2. 2018-8-27

    ナタナエルさん (^^♪

  3. 2018-8-2

    アマテラスの観葉植物

  4. 2018-7-3

    鎌倉その4

  5. 2018-7-2

    鎌倉その3

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

505人の購読者に加わりましょう

ブログ統計情報

  • 40,802 アクセス

ビデオランキング

Calendar

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。