音楽を学び鍛錬する、奥にある精神性!

  • 2015/9/3
  • 音楽を学び鍛錬する、奥にある精神性! はコメントを受け付けていません。

「めぐりあい 雲のはやさの はてをみる」

この写真は、40年以上前のオイルフットブラザーズのライブ写真です。向かって右端に小さくテレキャスたーを弾いているのが私です。なんとダサい長髪なんでしょうね~(^_^;)

さて、その後音楽学校に入学して、その音楽学校でギター講師をしたのをスタートに、いろんな演奏活動も経て、今の「MKMUSIC=音楽講師派遣業」の仕事につながっている訳ですが、沢山の生徒さんを教えてきました。専門学校でも教えましたが、そのキャリアの殆どは、「町のギター講師」であり、明るく楽しく!生徒さんと共にレッスンし、音楽を演奏するというスタイルでした。ですので、専門の学校よりは生徒数はかなり多いはずです。2割、8割ぐらいでしょうか?トータルではね。未熟な私でしたが、よくついてきてくれたと感謝しています。実は、実際には、教わることもありました。m(__)m

又、卒業後、演奏活動を通しながら努力精進を続けて、「プロとして大活躍」されている方々もおられます。多くの人々に、本当に必要な音楽家として、立派に活動しているということは、とても素晴らしいことですね。

そして、先ほど申し上げた「明るく楽しく、生徒さんと一緒に音楽を学ぶスタイル」と、本人の努力精進が全てですが「一騎当千のプロ」としての基礎部分を創っていくという、相反する内容を統合していくような内容、まぁ、それがMKMUSICの「理想」でもあった訳ですが、これはこれで大変ではありますが、やりがいのある仕事です。

「経営者側=楽器店の音楽教室」からすると、まず「楽しさ」だって言い切る人もいます。入会したら永遠に会員であり続けられるというのが「良い講師」と豪語する楽器店の役員もいらっしゃいます。また、「レッスンプロ」がうちには必要で「プロの演奏家」は必要ないとまでいう極端な方もいます。また、「教える側」からすれば厳しいことも言わなければ真実育たないと言うことをよくいいます。楽しさって本当は「上手く」なるから楽しいのです。それを人に聞いてもらって感動の心が一つになるから楽しいのです。楽(らく)することと楽しさは違います。ヘリコプターで富士山へ着地して登ったのは楽(らく)することです。日頃より足腰鍛えて山登りする楽しさは格別です。石に躓いてこけることもあります。しかし、そよ風や山道の途中ででくわす出来事そのものに感動が多々あります。これが楽しさなのです。ですから、この世に永遠なことなどありません。また、入会したら長く生徒であり続けるなんてありえません!逆に言えば、早く仕上げて自立させてあげるののも教育です。先生と演奏したりする時間が楽しい方々は別ですが(笑)、ものごとには、逆の面からみることも大事です。早く仕上げられるのは素晴らしい講師でもあるのです。一方、講師側も厳しいだけでは生徒はついてこれません、基本的に「優しさ」がもって接していかねばだめですが、このバランス感覚が難しいのです。

ある時、プロを目指してはいた方でしたが、プロにはなれず、とある大会社に就職した方が、お菓子を持って挨拶に来られたことがあります。・その時、「、、、先生!先生ところで教わった事が、会社や社会でとてもお役にたてることが出来ています。本当にありがとうございました~と頭を下げるわけです。これには驚きましたね。人柄も素晴らしい、立派な青年です。礼儀正しいところにそれが表れています。とても感動しました。心から音楽を教えていて良かったと思える瞬間でもあります。

7lesson

 

いや、正直、これと真逆な生徒もいるのですよ。超有名人のベテラン俳優でもありコメディアンでもある方の息子さんを教えていたときの事でした。自宅教室で、レッスンの月謝袋を渡す時、その生徒さんは私に「ホラー」って言って、その月謝袋を放り投げたのです!まったく、昼間からホラー映画をみるようですが、私の開いた口や驚きの表情は、さながら「ムンクの叫び!」のようだったと思います。しかし、お金の入った月謝袋を上手くキャッチしていたのは流石です(^_^)/ (笑)

まっ、その子にも、その後いろいろと諭していきましたが、それはそれは、個性豊かな生徒さんが多いものなんですね。本当に同じ方は一人としていない、様々な人生を歩んでこられた生徒さんです。

こんな生徒さんもいました。とある中学生~高校生の生徒さんでしたが、塾の帰りでギター教室にレッスンにきたとき、「先生さ~今、塾でさあ、この靴パクってきたんだけで、、コレってカッコいいだろ?」って。何て返事したらいいのか!バ~カ!タ~レ~!と、心の中で叫ぶのが精いっぱいでしたね(笑)こんなところで善悪を教えないと分からないんだ、、。いったい、家庭や学校での教育はどうなっとるんじゃい!ですよね(^_^;)

まあ、結局、何が申し上げたいかというと、音楽を学び、鍛錬する奥には「精神性が」あるということです!忍耐する心や、人と調和させる心、素晴らしい音楽を自分の中や、他者の中から発見し、それを育成しあう中で培われる「豊かな精神性!」これらを、是非とも共につかんでいきたいですね!ということなんです。

これはこれで、終わりなき道でもありますから、共に励まし合って、活かしあっていきたいです。(^_^)/

 

 

北垣 響絃北垣響絃-音楽事務所代表 7弦ジャズギタリスト

投稿者プロフィール

北垣 響絃 【Kitagaki Narito】

京都生まれの大阪は古市育ち。 18歳頃~より、オイルフットブラザーズのギタリストがプロとしてのスタート。バックギタリストとして(敬称略)中川イサト、大塚まさじ、金森孝介、泉谷しげる、なぎら健壱、世良公則などのレコーデイングや、主にフォーク系のミュージシャンのライブ等に参加。 北垣響絃-音楽事務所代表。 各楽器講師(70名以上)講師人材派遣業務を中心に、音楽教室も多店舗展開(楽器店と提携)し、数多くの生徒を育てている。
著書は、中央アート出版等から「ブルーインクラシックVol1からVol4、ギターでモーツアルトVol1~Vol3、 その他10冊程発売中。

Dear All, Let me introduce myself My name is Narito Kitagaki. I was born in Kyoto in Japan on July 7th, 1954. At present,  I live in Hino in Tokyo with the wife. I've been married for 40years. I'm a 7string-Gitarist, Educator.  Tied up with the music store and it sends a music instructor. 
Thank you for visiting.

KITAGAKI-NARITO,Inc.
3-20-12Hodokubo,Hino-Shi,Tokyo,Japan.191-0042
Tel : +81 080-5492-7127
Ofice:+81 080-5492-5585
E-mail : mkmusic@mkmusic.info

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Google 翻訳

過去の記事

  1. 2018-8-2

    アマテラスの観葉植物

  2. 2018-7-3

    鎌倉その4

  3. 2018-7-2

    鎌倉その3

  4. 2018-7-2

    鎌倉その2

  5. 2018-7-2

    鎌倉へ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

505人の購読者に加わりましょう

ブログ統計情報

  • 39,964 アクセス

ビデオランキング

最近の投稿

Calendar

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。