天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの知られざる物語「永遠のジャンゴ」予告編公開

  • 2018/9/10
  • 天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの知られざる物語「永遠のジャンゴ」予告編公開 はコメントを受け付けていません。

天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの知られざる物語「永遠のジャンゴ」予告編公開

ジャンゴ・ラインハルトはアメリカの外で主として活動した偉大なジャズ・ギタリストです。ジプシーの子としてベルギーで生まれ、パリのジプシーキャンプで育ちました。

1928年、18歳で結婚してまだ新婚の頃に、妻は花造りをしてお金を得ていたそうですが、ある晩、演奏の仕事をして帰るとテントの中に「ねずみ」が入り込んでいました。

ジプシーの自宅は当時はテントであり、そのテントの中には妻が作ったセロファンの造花が山のようにありましたが、ねずみはその下にもぐり込んでしまったのです。

ジャンゴはローソクを片手にねずみを探して追い出そうとしたのですが、ローソクの火がセロファンに燃え移り、大火事になってしまいました。そして妻を炎から救おうとして、彼は両足と左手に大火傷を負ってしまったのです。

写真のように、薬指と小指は無残にも熱で麻痺し曲がったままになってしまいました。映像でも見て取れますが左指は2本しか完全には機能していません。アドリブラインのパッセージが横に大きくスライドするかたちと、2本でクロマチックラインを作り上げる奏法は、不可能を可能にした良い見本ですね。でもね、ジャンゴは決して2本指だから有名なのではありません。その音楽が素晴らしいのです!魂で弾いているのでしょう!何年たっても人々に感動を与える永遠のジャズギタリストですね。

 

パリを沸かせた天才ギタリスト「永遠のジャンゴ」

パリを沸かせた天才ギタリスト
(C)2017 ARCHES FILMS – CURIOSA FILMS –
MOANA FILMS – PATHE PRODUCTION – FRANCE 2
CINEMA – AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ナチス・ドイツ支配下のフランスで活躍した天才ジャズギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの知られざる物語を描いた「永遠のジャンゴ」が、11月に公開される。このほど、演奏シーンを収めた予告編がお披露目された。

ロマ音楽とスウィング・ジャズを融合させた音楽「ジプシー・スウィング」を作り上げたラインハルトは、1943年のパリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールで満員の観客を魅了していた。その一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は悪化し、多くの仲間たちが虐殺され、ラインハルトとその家族にも危険が迫っていた。そんなある日、非情な現実に打ちのめされていたラインハルトにナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる。

ラインハルト役に「ゼロ・ダーク・サーティ」「黒いスーツを着た男」のレダ・カティブが扮し、「ある秘密」「ヒア アフター」のセシル・ドゥ・フランスと共演する。監督は、「チャップリンからの贈り物」「大統領の料理人」などの脚本を手がけ、本作が初監督作となるエチエンヌ・コマールが務めた。

このほど公開された予告編は、フォリー・ベルジェールのステージで喝采を浴びるラインハルトの姿からスタート。左手の薬指と小指が麻痺しているラインハルト独自の3本指での早弾き奏法は、パリの音楽シーンを席巻していく。始めは「俺たちジプシーは戦争はしない」と、ミュージシャンとして戦争から離れたスタンスを取っていたが、ドイツ軍人の前で演奏するよう命じられる。拒否するラインハルトだったが、家族と仲間を助けるという条件でオファーを受ける。

ラインハルトを演じたレダ・カティブは、出演が決定してから毎日のようにギターを持ち歩いて3本指奏法の練習を重ねたが、「たとえ準備期間が20年あったとしても、ジャンゴのように演奏することはできない」と、ジャンゴの才能を称え、役の難しさを語っている。

永遠のジャンゴ」は、11月25日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

北垣 響絃北垣響絃-音楽事務所代表 7弦ジャズギタリスト

投稿者プロフィール

北垣 響絃 【Kitagaki Narito】

京都生まれの大阪は古市育ち。 18歳頃~より、オイルフットブラザーズのギタリストがプロとしてのスタート。バックギタリストとして(敬称略)中川イサト、大塚まさじ、金森孝介、泉谷しげる、なぎら健壱、世良公則などのレコーデイングや、主にフォーク系のミュージシャンのライブ等に参加。 北垣響絃-音楽事務所代表。 各楽器講師(70名以上)講師人材派遣業務を中心に、音楽教室も多店舗展開(楽器店と提携)し、数多くの生徒を育てている。
著書は、中央アート出版等から「ブルーインクラシックVol1からVol4、ギターでモーツアルトVol1~Vol3、 その他10冊程発売中。

Dear All, Let me introduce myself My name is Narito Kitagaki. I was born in Kyoto in Japan on July 7th, 1954. At present,  I live in Hino in Tokyo with the wife. I've been married for 40years. I'm a 7string-Gitarist, Educator.  Tied up with the music store and it sends a music instructor. 
Thank you for visiting.

KITAGAKI-NARITO,Inc.
3-20-12Hodokubo,Hino-Shi,Tokyo,Japan.191-0042
Tel : +81 080-5492-7127
Ofice:+81 080-5492-5585
E-mail : mkmusic@mkmusic.info

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Google 翻訳

過去の記事

  1. 2018-11-3

    Koaloha Opio :KTO-10 UG Tenor

    ウクレレ購入しました(*^^)v ■メーカー名: Koaloha Opio ■商品名  : KTO…
  2. 2018-11-3

    立川のメインストリート

    立川のメインストリートで、変なお人形さんがあったので記念写真です~(*^^)v …
  3. 2018-10-24

    中央大学院生のテッチャン!

    モンゴル出身のテッチャンです。将来は裁判官になるそうです~…
  4. 2018-10-20

    ズゲの友人

    生徒のズゲとそのお友達(向かって右端の男性がズゲです)映画を見た帰りの食事です。…
  5. 2018-10-9

    孫の晴空(はるく)の歌とギターです

    孫の晴空(はるく)の歌とギターです~小学生です(^^♪ …

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

505人の購読者に加わりましょう

ブログ統計情報

  • 42,591 アクセス

ビデオランキング

Calendar

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。