ロス・オリブオスのセゴビア (1967年のドキュメンタリー)

  • 2022/2/24
  • ロス・オリブオスのセゴビア (1967年のドキュメンタリー) はコメントを受け付けていません

この場所への愛着とここでの生活の静けさが手放しがたくー今年は3度もオーストラリア行きを断りました。日本や南アメリカのツアーもーこれまでに何度も訪れた場所ばかりです。ここでの休息を終えたら2か月か3か月は週に3回か4回コンサートを開きます。

コンサートで観客の前に出なければならない時、いつも恐怖を感じます。自分を信頼していないからではなく、予測できない要素が多くあるからです。ホールの大きさ、室温、湿度、それにギターはとても気まぐれです。とても良い音が出る時もあればそうでない時もある。

ステージ恐怖について言えば、サラ・ベルナールという素晴らしい女優がいました。彼女は若くてかわいい才能のない女の子にこう言っています。女の子が言いました!私トラックを感じないんです!トラックとはフランス語でステージ恐怖のことです。サラはこれに対して言いました。”もう少し待ちなさい、才能を持つようになったらトラックを感じるようになるから”

質問者ーマエストロ コンサートをいつまで続けたいとお考えですか? マエストローうーん健康状態によります。それと私の興味が聴衆を魅了することに向いているかどうかにもーでも引退はしないつもりなんです。本気ですよ!でもしなければならないでしょうね。

質問者ー演奏家になられたばかりの頃ーギターがこれほど広く認められるのを目にできると思っていましたか?マエストロー少しずつ出来るのではないかと思うようになりました。聴衆や批評家、作曲家たちがギターに対して興味を持ちつつあるのを感じるからです。

質問者ーこれほど多くの音楽学校でギターを教えられるようになることは? マエストローああ、それが最後の仕事となるでしょう。そこに力を注ぐつもりです。若者の心をとらえて教え刺激するのはーとても楽しい作業です。彼らは天から音楽の才能を授かっているのですから。

質問者ーアンダルシアの詩にはいつもー生きる苦しみと死の悲劇がが登場します。その要素にどのようにアプローチされますか?マエストロー一言で答えるのは難しい。いろんな思いがありますがーその中で2つ、補完的なものについてお話ししましょう。

まず、私たちは歴史的に何かを失うことに慣れています。そのために、この世での喜びを簡単に見失ってしまいます。愛するものについても同じです。2つ目は、最初の要素に加えてー我々はもう一つの世界を強く信じているということです。今のこの生を終えたら、ーすぐにべつの生へと移るのだとー

質問者ーあちら側にもあなたのやることが残されていると思われますか? マエストローもう一つの世界にも?わかりません!でもひとつ覚えている話があります。 死のうとしている男を神父が慰めていてーもう一つの世界で待っているたくさんの美しいものについてー教えを授けていました。すると男は答えました。”いいかい、家ほど素敵な場所はないんだよ”(あの世を信じてはいない)

私も同じように感じるでしょう(あの世の天国の美しさを信じている立場で、この世に生かされていると思っておられると思います)でも!残念ながら神の意思には逆らえません! そこで、私はいつもこう祈るのです。”神よー私はあなたの栄光に価するものではありません” ”天国に価するものではありません” ”とても厚かましいお願いですが” “どうかここに居させてください”

https://youtu.be/B4-Ze_9zMbo

北垣 響絃北垣響絃-音楽事務所代表 七生音楽教室ギター講師

投稿者プロフィール

[metaslider id=74]

北垣響絃 【Kitagaki Narito】 7Strings-Guitarist 18~9歳頃~より、バックギタリストとして(敬称略)中川イサト、大塚まさじ、金森孝介、泉谷しげる、なぎら健壱、世良公則などのレコーデイングや、主にフォーク系のミュージシャンのライブ等に参加。

北垣響絃-音楽事務所を開設。 各楽器講師(ドラム、パーカッション、ピアノ、ジャズピアノ、フルート、ウクレレ、ロックギター、ジャズギター、ベース、サックスその他)で構成する講師人材派遣業務を中心に、音楽教室も多店舗展開(楽器店と提携)自らも町のギター講師として数多くの生徒を育てている。著書は、中央アート出版等から「ブルーインクラシックVol1からVol4、ギターでモーツアルトVol1~Vol3、 その他10冊程発売中。

Dear All, Let me introduce myself My name is Narito Kitagaki.
I'm usually talkative. But when I speak English, I get quiet.

I was born in Kyoto in Japan on July 7th, 1954. At present, I live in Setagaya in Tokyo with the wife. I've been married for 40years.

I'm a 7string-Guitarist, Educator. Tied up with the music store and it sends a music instructor.

My hobbies are reading books, Radio control sailboat, too, is one of the hobbies.

Thank you for visiting.

MKMUSIC,Inc.
3-20-12Hodokubo,Hino-Shi,Tokyo,Japan.191-0042
Tel : +81 080-5492-7127
Ofice:+81 080-5492-5585
E-mail : mkmusic@mkmusic.info

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

過去の記事

  1. 2022-9-24

    アマテラスに出していた観葉植物が教室に戻ってきました(^^♪

    アマテラスに出していた観葉植物が教室に戻ってきました(^^♪ …
  2. 2022-9-23

    Wes Montgomery

    今も、よく聴いているのがWes Montgomeryです。やはりリズム感覚が半端ないギタリストです。…
  3. 2022-9-23

    Joe Pass

    21歳で音楽学校(武蔵野音楽院)に入りなおしてジャズギターを習い始めるということにはなりましたが、あ…
  4. 2022-9-22

    大村憲司さん

    遠い昔のお話ですが、私が20代の頃だと思いますが、大村憲司さんが五輪真弓のバックで、私が「たけべ」さ…
  5. 2022-8-29

    Mona Lisa

    「モナリザ」 モナリサを演奏してみました。 モナリザという音楽をギターで弾こうとした。 …

Calendar

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28 

過去の記事

  1. 音楽は心の言葉でもあり、極端にとらわれすぎるのは良くないですが、私はA=444が多少高いハイの音が透…
  2.  「七生音楽教室」のレッスン詳細 お問い合わせフォーム 〇1回45分個人レッスン 月3…
  3. ◎新しい生徒さんです~アフリカ人の方で中央大学院生です。ブルースが好きとのことでしたが、ポピュラーな…
ページ上部へ戻る