吉田松陰先生

●親思ふこゝろにまさる親ごころけふの音づれ何ときくらん

江戸在獄中の、安政6年10月20日付、父・叔父・兄らに宛てた書状の中にあります。刑死の1週間ほど前のものだそうです。「子が親を思う気持ち以上に親が子を思う気持ちは深く尊い、今日の処刑のことを聞いたらどんなにか悲しむことだろう」という気持ちを歌ったものだそうです。

素晴らしいと思うのは、長州藩の萩に戻されて野山獄の牢屋に入れられていたとき、普通の人であれば、牢獄に入れられ、いつ出られるか分からない状況では、落胆して生きていてもしょうがないところですが、松陰先生の面白いところは、なんと、「牢獄の中で囚人たちに教育を始めた」というエピソードが遺っていることです。

当時、そこに入っていた囚人の方たちは、在獄十年など長い事牢屋にいて、当分、出獄する予定はなかったため、「ここで朽ち果てて死ぬのが自分たちである」というような、悲惨な思いで過ごしていました。気持ちはすさんでいて、人間として「残念な感じ」になっていた方が多かったと聞いています。そうした中で、松陰先生は彼らに次のようなことを説いたと言われています。

「人間として、この世に生を享けたならば、必ず学ぶべきことがある。たとえ牢屋にいたとしても、「なぜ人間として生まれてきたのか、自分たちは何のために生きているのか」といったことを学ぶことができたならば、いつ死んでも悔いはない人間となれる。もし明日死んだとしても、学問をして人間としての道を知ることができたならば、、それを喜びとして死んでいくことができる。そう考えたならば、ただ怠惰に毎日を過ごしているのではなく、少しでも人間として学ぶ心を見せなさい、、」

そして松陰先生は、まず、それぞれの囚人の特異なものを見つけて、例えば、俳句の特異な人がいると、「俳句の先生をお願いします」と言って、他の囚人に俳句を教えてもらい、書道の特異な人がいたら、「書道の先生になってください」と言って、ほかの人に書道を教えてもらいました。松陰先生自身は、「自分は孟子という方のに関する講義が得意なので「孟子」の講義をしますと言って、講義を始めました。このようにお互いに教え合い、学び合う日々を過ごしていったとき、いつしか野山獄はただの牢屋ではなく、今でいう「理想の教育の場」になったと言われています。松陰先生は、また人の長所をこよなく愛した人でもあったんですね。

「父の心」と「母の心」言いかえれば、「厳しさ」と「優しさ」これらを備えなければ教育は成り立たず。そして、教育や学問の第一は、やはり幕末動乱期、後に明治維新を打ち立てることになる多数の門下生(松下村塾)を輩出したように「素晴らしい人物」をつくるということにあるのでしょうね。
無料体験レッスンお問い合わせフォーム

Parents’ mind excels rather than the mind which thinks of parents.

北垣 響絃北垣響絃-音楽事務所代表 七生音楽教室ギター講師

投稿者プロフィール

[metaslider id=74]

北垣響絃 【Kitagaki Narito】 7Strings-Guitarist 18~9歳頃~より、バックギタリストとして(敬称略)中川イサト、大塚まさじ、金森孝介、泉谷しげる、なぎら健壱、世良公則などのレコーデイングや、主にフォーク系のミュージシャンのライブ等に参加。

北垣響絃-音楽事務所を開設。 各楽器講師(ドラム、パーカッション、ピアノ、ジャズピアノ、フルート、ウクレレ、ロックギター、ジャズギター、ベース、サックスその他)で構成する講師人材派遣業務を中心に、音楽教室も多店舗展開(楽器店と提携)自らも町のギター講師として数多くの生徒を育てている。著書は、中央アート出版等から「ブルーインクラシックVol1からVol4、ギターでモーツアルトVol1~Vol3、 その他10冊程発売中。

Dear All, Let me introduce myself My name is Narito Kitagaki.
I'm usually talkative. But when I speak English, I get quiet.

I was born in Kyoto in Japan on July 7th, 1954. At present, I live in Setagaya in Tokyo with the wife. I've been married for 40years.

I'm a 7string-Guitarist, Educator. Tied up with the music store and it sends a music instructor.

My hobbies are reading books, Radio control sailboat, too, is one of the hobbies.

Thank you for visiting.

MKMUSIC,Inc.
3-20-12Hodokubo,Hino-Shi,Tokyo,Japan.191-0042
Tel : +81 080-5492-7127
Ofice:+81 080-5492-5585
E-mail : mkmusic@mkmusic.info

 

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

過去の記事

  1. 2022-9-24

    アマテラスに出していた観葉植物が教室に戻ってきました(^^♪

    アマテラスに出していた観葉植物が教室に戻ってきました(^^♪ …
  2. 2022-9-23

    Wes Montgomery

    今も、よく聴いているのがWes Montgomeryです。やはりリズム感覚が半端ないギタリストです。…
  3. 2022-9-23

    Joe Pass

    21歳で音楽学校(武蔵野音楽院)に入りなおしてジャズギターを習い始めるということにはなりましたが、あ…
  4. 2022-9-22

    大村憲司さん

    遠い昔のお話ですが、私が20代の頃だと思いますが、大村憲司さんが五輪真弓のバックで、私が「たけべ」さ…
  5. 2022-8-29

    Mona Lisa

    「モナリザ」 モナリサを演奏してみました。 モナリザという音楽をギターで弾こうとした。 …

Calendar

2015年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

過去の記事

  1. 音楽は心の言葉でもあり、極端にとらわれすぎるのは良くないですが、私はA=444が多少高いハイの音が透…
  2.  「七生音楽教室」のレッスン詳細 お問い合わせフォーム 〇1回45分個人レッスン 月3…
  3. ◎新しい生徒さんです~アフリカ人の方で中央大学院生です。ブルースが好きとのことでしたが、ポピュラーな…
ページ上部へ戻る